好き避けのすべてがここにある

好き避けで辛い思いを解決しませんか?
当サイト監修者である三井ケンがあなたのお悩みに無料LINE相談として回答いたします。
下記リンクからお気軽に相談してくださいね。

→ 無料恋愛相談 LINE窓口

好き避けカテゴリ一覧

「自分の好き避けに対して悩んでいるのか」
「相手の好き避けで悩んでいるのか」
「好き避けなのかどうか」

 

好き避けと言いましても人それぞれ恋愛の状況や環境は異なりますが、悩みの根本は大きく変わることはないため解決に導きやすいことも好き避けの大きな特徴と言えます。

 

好き避けは主に下記の3つの悩みに分けることができます。

好きな人から避けられてしまう...
意中の相手から避けられてしまう
好き避けかどうか知りたい

好きな人に対して好き避けしてしまう...
「恥ずかしくて避けてしまう」
「好きなのに、本当は話したいのにどうしても話せない...」

これって好き避けなの?相手の好意を見分ける方法
「好き避けかどうか判別できない」
「私はなぜあの人を避けてしまうんだろう。まさか好きだから?」

 

これら3カテゴリに加え、好き避けに悩む方々の体験談や解決策を提示し、好き避けの理解を深めていただければ幸いです。
「昔は好き避けなんてしなかったのに好きな人を前にすると今では恥ずかしくてたまらない!」
「学校の好きな人が好き避けなのかどうかわからない」
このようにあらゆるシチュエーションの体験談を紹介しますので、あなたと似通った状況の人たちがどのようにして好き避けを克服したのか、参考にできるはずです。

好き避けの体験談と解決策
「アラサーだけど好き避けしてしまう」
「今までは好き避け体質じゃなかったのに!」

好き避けのすべてがここにある

好き避け

 

「これって好き避け?それともただ避けられている?」
「恥ずかしくて好きな人を避けてしまう」

 

このように感じたり、逆に相手を避ける行動を取ってしまう。長い人生の中で、誰しもがこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。
さまざまな感情を抱き思いを馳せる。これが恋の辛さでもあり醍醐味でもあります。

 

恋をするうえで好き避けは切っても切り離せない存在といえます。特に小学生から高校生ぐらいまでの思春期の間は、この好き避けに関する悩みも多いものです。

 

「好き避けを見分ける、自身の好き避けを改善する」

 

これらの手段・方法を知るだけで恋愛は成就しやすくなり、もっと楽しいものに生まれ変わります。


好き避け専門のサイトメディア

年齢を重ねるにつれてだんだんと好き避けをしなくなる人が多くなるわけですが、悩みの種であるこの好き避けを改善したくともできない人が多くいることもまた事実です。

 

好き避けを見分ける方法や自身の好き避けを改善する手段がわかれば、恋も成就しやすくなることは言うまでもありません。当メディアは、恋の厄介者である「好き避け」に悩む方々のために作られた情報メディアです。

好き避けの卒業。それは本質を正しく理解すること

好き避け

 

なにも好き避けをするのは女子だけではありません。小学生のころを思い出してみてください。

 

クラスのなかに必ず1人ぐらいは「好きな人に対して逆の行動を取ってしまう男の子」っていませんでしたか?

  • 本当はやさしくしたいのに、逆にいじわるなことをしてしまう
  • 本当は好きなのに、わざとしらじらしい態度をとってしまう

これはよく「ツンデレ」などと言われますが、これもある意味では好き避けと同じものです。好き避けの場合は「好きだからこそ避けてしまうもの」ですが、ツンデレは「好きだからこそ強がってしまう」という違いなだけです。

 

「本心とは逆の行動をとってしまう」という意味では同じものになります。

 

恋愛に不慣れな人が好き避けという行動に走ってしまいがちなわけですが、自身の心理状態や好き避けというものに対して正しく理解することが好き避け卒業の近道でもあります。

 

これは自身の好き避け行動に走ることしかり、相手の好き避け行動しかりです。

 

つまり、好き避けをしてしまう心理状態を知ることで相手の好き避けを見分け、また自身の好き避けを改善していくことが恋愛成就につながります。好き避けを理解せずして、好き避けから脱することは不可能だと覚えておいてください。


好き避けとは?

好き避け

 

そもそも好き避けとは一体なんなのでしょうか。
ここでは好き避けについて改めて理解を深めていきましょう。

 

好き避けとは、

「意中の相手に対して冷たい態度・よそよそしい態度をとってしまうこと」

を指します。

 

主に恋愛不慣れの人がそれら行動をとってしまいがちで、その原因は主に「照れ隠し」が多いでしょう。

 

心の中では仲良くしたいのに、素直な気持ちを相手に示すことが恥ずかしすぎるあまり、好き避けに走ってしまいます。一種の過剰防衛のようなものです。

 

好き避けは片思いの場合が多いとされていますが決してそんなことはありません。両思いの可能性があるのにもかかわらず、好き避け行動を取ってしまうばかりに、相手に好意が伝わらずに恋が成就しないことも多いのです。

 

これらは、自らの手で恋愛成就の邪魔をしているわけですから、意中の相手と発展したければすぐにでも好き避けを卒業しなければなりません。


好き避けをする人の特徴・行動

好き避けをする人の特徴を理解せずして、好き避け卒業の道はありません。
ここでは、より具体的な内容をお話しますのでご自身の好き避け行動、または好きな人が好き避けなのかどうかの判断にお役立てください。重要項目なのでしっかりとおさえておきましょう。

 

恥ずかしがり屋

好き避け

 

多くの人にみられる特徴です。友人や家族の前では素直な行動できるのに意中の相手の前だと極度に恥ずかしく感じます。
あまりにも相手を意識するあまり反射的に避けるような行動をとってしまいます。
意中の相手が「この人は恥かしがり屋なんだな。かわいい」と思ってくれれば恋が発展しやすいですね。
しかしそれは稀なので改善するにこしたことはありません。

 

相手が嫌がる発言をしてしまう

好き避け

 

ツンデレは一種の好き避けと言いましたが、この特徴はまさにツンデレです。
ツンデレには「恥ずかしい」という感情と「甘えたい」という2つの感情があり、モテるツンデレ行動があることも事実です。
しかし、大半はモテないツンデレが多くそのことに悩んでいる方も多いのです。

 

本当は相手に近づきたいのに、わざわざ相手を遠ざけるような発言をしてしまうわけですから、それはチャンスを棒に振っていることと同じですね。
ふとした心ない発言で傷つく人もいるので十分に注意してください。

 

意中の相手以外とばかりコミュニケーションをとる

好き避け

 

たとえば、飲み会など多くの人がいる場で、意中の相手と隣もしくは近い席に座れたとしても、全くコミュニケーションをとらずに他の異性とばかりコミュニケーションを楽しむ人も好き避けの特徴のひとつです。むしろ好き避けの典型的な例なのではないでしょうか。

 

無視状態にあっているその人からしたら「あれ?自分って嫌われている?」と思う人が大半です。
相手から話しかけてくるのを待つのではなく、自身から気軽にコミュニケーションを図りましょう。
乾杯の音頭でしたら気軽に出来るのでおすすめです。

 

アイコンタクトが出来ない

好き避け

 

目が合ったときに素敵な笑顔が出来ればよいのですが、好き避けしてしまう人は目が合った瞬間に逸らしてしまう人が多いです。これは恥ずかしいあまりに反射的に逸らしているわけですから、今すぐに改善することは余程の決意が必要です。

 

ただし、この目を逸らしてしまう行為自体は、相手に好意を気づかせるテクニックでもあるので改善しなくてもよいでしょう。
失礼のない程度にアイコンタクトできれば良いですね。様子をみつつ、余裕があるときに改善していくぐらいの気持ちでいてください。

 

周囲の人に好意をバレたくない

好き避け

 

好き避けする人に意外と多い特徴がこれです。
わざわざ周囲に知らしめる必要はないですが極度にバレることを警戒する必要もありません。

  • 「あの人と会話がしたい」
  • 「あの人が今仕事がんばっているからコーヒーでも差し入れしよう」

このようにその時の願望を叶えられるように素直な心で、肩の力を抜いて楽にいてください。

 

好きな人と面と向かって話せない

好き避け

 

恥ずかしさと緊張のあまり好きな人と面と向かって話せません。
話せたとしても「相手の様子・表情をうかがいつつの相槌だけ」という状況でしょう。

 

好き避けしてしまう全ての人がシャイというわけではないですが「内気で恥ずかしがり屋な人」が多くいるのも事実です。
そういうシャイな人は「会話」に対してコンプレックスを強く抱いている傾向が強く、その相手が好きな人だと「会話のぎこちなさ」「緊張感・会話への劣等感」が顕著に表れます。

 

早口になってしまったり、挙動不審になってしまう人もいるでしょう。相手からしてみれば「避けられている」最悪の場合「怖い」「やばいやつ」と思われます。

 

もし好きな人と話す機会があるならば、会話の前に呼吸を整えて自然体で会話ができるように意識しましょう。

 

おすすめの方法としては「メタ認知」が効果的です。

 

メタ認知とは「自身を客観視して、自身の思考・行動を認知すること」で、心を落ち着かせる効果もあります。
実はお坊さんも使っているほど信頼されているテクニックなので実践するに越したことはありません。

 

二人きりならコミュニケーションがとれても他人が来るとその場から離れてしまう

好き避け

 

これは「第三者に自分の気持ちを悟られたくない」という思いの表れでしょう。
「そもそも好き避けをしてしまう人は好きな人と二人きりでコミュニケーションが取れないのでは?」
こう思う人もいるかもしれません。

 

そもそも二人きりでコミュニケーションが取れる人はシャイではないので、先ほど紹介した“好きな人と面と向かって話せない”にはあてはまりません。ではなぜこういった状況のときにその場から離れてしまう、はたまた会話を離脱してしまうのかというと「周りからの目」が気になるからです。

 

なぜ周りの目が気になるのかというと、冷やかしを受ける可能性が高くなることが想像できるからです。

 

周りの冷やかしから、相手があなたの好意に気づき、恋が大きく進展することもありますが、逆に現状の関係性が崩れる可能性もあります。

 

なので感情のやり場に困り果てている人も多いのです。こういう場合も「自然体」を意識して接することがおすすめです。

 

急にクールになってしまう

好き避け

 

あなたは急にクールになってしまうことはないですか?急にクールになるということは「突然態度が変わる」ということです。

 

これは好き避けしてしまう人の典型的な特徴であり、態度がコロコロ変わってしまうわけですから相手からしたら、

  • 「気分屋な人だな」
  • 「これだけ態度が急変するからプライベートではわがままそうだな」
  • 「何を考えているか全くわからない人だ」

など思われても仕方がないことです。最悪の場合、嫌われてしまうこともあります。クールが悪いというわけではなく態度が急変するということが問題なのです。

 

相手に良い印象を与える要素ではないので、気分屋だと思われないように気をつけて生活しましょう。相手に好意がバレてしまっても悪いことはないですから、気を楽にしましょう。

 

直接コミュニケーションできないがLINEやメールだと積極的

好き避け

  • 「好きな人と直接会話をすると緊張してしまう」
  • 「誰かに好きな人とコミュニケーションをとっているところを見られたくない」

このようなことからメールやLINEは積極的になれるという方もいるようですね。ただし直接のコミュニケーションが全くできないのに、ツール使用時は積極的だと相手の人も困惑しかねないです。

・直接コミュニケーションをとる
・ツール使用の場合もしっかりコミュニケーションをとる

これが最高と言えるでしょう。

 

どうしても直接は無理!という方は、メールやLINEで仲良くなってから「直接は恥ずかしいから素っ気無い態度になってしまう」旨を伝えてみるのも手ですね。そうすれば、相手もそのことを考慮してくれケースが多いです。

 

イメージは、自分が急に変わるのではなく、相手を自分の願望に誘導することです。
その場合、恋愛成就は長期戦となる可能性が高いので、焦らずじっくりと相手との絆を深めていきましょう。

 

わざと既読無視をする

好き避け

 

「なんて返信していいかわからないからとりあえずそのままにしてしまう」

 

こういう思いから既読無視をしてしまう方もいます。恋愛テクニックのひとつとして「既読無視」は時には有効的な手段ですが、それはあくまで恋愛上手な方が行う場合です。

 

恋愛に不慣れな好き避けをしてしまう人が実践するには少し早いでしょう。それを故意で行おうが、過失で行おうが相手にとって結果は変わりません。ですので極力連絡は返すようにするのが無難です。

 

他の異性の話題を好きな人に話す

好き避け

 

好きな人と会話をしていて、
「あなたと○○さんはお似合いだと思うよ」
こんなことを発言してしまう方もいます。

 

この発言を相手が真に受けてその第三者と交際までいたった場合、決して冗談にはなりません。後悔しか残らないことは目に見えています。

 

主役は自分ですから、基本的には、「他の異性の話」は相手にする必要はありません。

 

かといって、上の会話の例のような恋愛話の場合に、自身の存在を推しすぎるのも良くないです。現実的ではなく「いたい奴」とか思われかねません。

 

ここは、この手の会話をサラッと流すことに徹するのが自然です。そして、聞き上手は話し上手という言葉があるように相手の話をしっかりと聞くことが重要です。

 

自分の話を聞いてくれる人を嫌いになる人はいないので、相手から良い印象は受けなくても、悪い印象を受けるということは決してありません。基本的には「異性の話をわざわざする必要はない」このことを覚えておいてください。

 

自分に自信があるときでも、街中で会っても気づかないフリをする

好き避け

 

自分に自信が持てない日は誰でもありますよね。ちょっとメイクを失敗したり、雨のせいで髪の毛がゴワゴワしていたり、ラフな洋服を着ていたりと様々です。

 

そういう日に限って、意中の人と偶然にも街中で出会ってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか?気づかれないようにその場から逃げるように去ったり、隠れたことがある人もいるでしょう。

 

それは好き避けうんぬん関係なく、誰でもそうなのかもしれません。

 

しかし「今日はバッチリきまってる!」という日だったらどうでしょうか?普通の人だったら喜んで偶然を装って、意中の人に見つけられに行くことでしょう。それは自分に自信があり、魅力的な自分を相手に見てもらうことはチャンスだとわかっているからです。

 

ですが、好き避けしてしまう人は違います。
自分に100%の自信がある日でもとっさに隠れてしまいます。

 

あまりに突然のことで動転してしまうのです。それは非常にもったいないことです。

 

「好きな人と街中で偶然出会った」
これはあなたにとって嫌なことかもしれませんが、相手にとっては「○○さんってプライベートだとあんな感じなんだ!素敵だな」と思うかもしれません。

 

いつもと違う一面を見せることは、相手にいつもと違う印象を与えるので、その素敵な偶然を無駄にしないようにしましょう。むしろ、バッチリきまってなくても隠れたり逃げたりする必要すらないのです。自信を持って堂々と胸を張りましょう。

好き避け卒業が簡単な理由

好き避け

 

ここまで好き避けについて様々なことを話しました。
自身の好き避け卒業のため、相手が好き避けなのか嫌い避けなのか判断するためには、好き避けしない人をよく観察することも重要なことです。
自身の気持ちをコントロールすることで、好き避け卒業を果たせるようになるわけですが、異性への感情はとても複雑です。人それぞれ相手も違ければ環境も悩みも異なります。

 

好き避けを改善する簡単な方法は、「自分に素直になること」であり、大半の悩みはこれで消えてなくなります。

  • 「好きな人の顔を見ながら会話がしたい」
  • 「仕事終わりに意中の人を誘って食事に行きたい」
  • 「好きなあの人とデートに行きたい」

このように叶えたい行動があれば、そうなるように動いてください。
勇気を出して一歩踏み出してみると、自分がいままでどれだけ小さな殻にこもっていたかということにきっとに気づくでしょう。

 

まずは「素直になること」たったこれだけでいいのです。

 

好き避けの種類別に詳細記事を用意し、あなたの悩みを解決する準備を整えましたので、目的に合わせて読み進めていただければと思います。

 

好きな人から好き避けされてしまう場合

 

好きな人に対して好き避けしてしまう

 

これって好き避けなの?相手の好意を見分ける方法

 

好き避け体験談とその解決策


好き避けで辛い思いを解決しませんか?
当サイト監修者である三井ケンがあなたのお悩みに無料LINE相談として回答いたします。
下記リンクからお気軽に相談してくださいね。

→ 無料恋愛相談 LINE窓口
page top