気持ちに応えられない罪悪感【ごめん避けの特徴】

ごめん避けは好き避けとは違う

では「ごめん避け」という言葉をご存知でしょうか?

好き嫌い避けよりもややこしい性質をもっているこのごめん避けを知っておくと恋愛成就の役立つことを間違いありません。

「これって好き避けかな?」

そう思っても対処しても、それがごめん避けだった場合、その対処法は間違っている可能性が大きいです。そうならない為にもごめん避けの特徴と対処法、事例を挙げて解説していきましょう。

ごめん避けってなに?

突然ですがあなたは好きでもない相手からアプローチを受けたことはありますか?その時どのような態度や行動をするでしょうか?

多くの人は「相手を傷つけないように曖昧な態度でその場を流すように避ける」のではないでしょうか。まさしくこれがごめん避けなのです。

異性からのアプローチに対して曖昧な態度をとる人は、積極的なアプローチを好まないことが多いです。つまり、「追いかけられる恋愛」よりも「追いかける恋愛」を好む傾向にあります。
ですので、追いかけられることに対して気まずさや不慣れ感が態度に表れます。

「相手の好意に気づいた上で気持ちに応えられない」

だからこそ「相手の行為に申し訳ない気持ち」や「罪悪感」をもって曖昧な態度で避けてしまうのです。

ごめん避けをする人の特徴

「人から嫌われたくない」
「人を傷つけたくない」
「トラブルに巻き込まれたくない」
ごめん避けをする人の多くは、このように優しい人や自分が悪者になる危険を回避したい人が多いことが特徴と言えます。

相手に対してはっきり言えない or 言わないということは、

「自分が避けていること、あなたの好意に応えられないことを態度から察してほしい」
という思いが隠れているわけであり、それは遠回しに嫌だと言われていることと同じなのです。

しかし、これを逆手にとり、相手の意識を自分に向かわせることも難しくありませんので自信を持ってください。

ごめん避けの事例

相手の意識を自分に向かわせる方法の前に、ごめ避けの事例を紹介していきます。

「こんなときは好き避けではなく、ごめん避けの可能性が高い」
ということを頭の片隅において置いてください。

LINEや電話がすぐ終わる

好き避けの場合、「好きだから連絡を長く取り合っていたい」という思いと「でも恥ずかしい」という思いが重なり、素っ気無い文面だったりすることがありますが、ごめん避けの場合は明らかに異なります。
明らかに冷たい文面だったり、すぐに会話ややり取りを終わらす傾向が強いです。
スタンプですぐに終わらされたときは注意が必要かもしれませんね。

「あなたは恋人としてではなく、友人としか見れない」こんな思いが隠れているのです。

会話すれば普通だけど、明らかに距離を置かれている
会社の飲み会、学校、イベントごとなど多くの知れた人が集う場所がわかりやすいでしょう。

会話をするときはいたって普通だけど、そもそも会話自体を避けるように距離をとっている
こう感じた場合は、あなたの好意に気づいて会話をさせないようにしている可能性が高いです。

その場には知れた人が多くいるわけですから、あなたと仲良さげに会話している場面を人に見られたら「からかわれる」ことを容易に想像するはずです。
それはその人にとって一種の「トラブル」と一緒なのです。トラブルは誰でも避けたがるものですよね、。

好き避けの場合は、好きが前提なので近くにいたいけど恥ずかしくて会話ができない人が多く、会話できたとしても会話自体に不自然さがあります。
ごめん避けは明らかに態度が冷たいということを覚えておきましょう。

2人きりのシチュエーションを避ける

多くの人と行動することはあっても、2人きりという場面は避けます。しかも徹底的に避けるのですぐに判断がつきます。
仕事やどうしてもそうしなければいけない場面はなんなくこなしてきますが、終わるとなるとすぐに立ち去る場合はごめん避けの可能性が高いと言えるでしょう。

食事の誘いや遊びの誘いをしても受け入れてくれない場合は、確定的と思っていただいて間違いありません。

ごめん避けのおすすめ対処法

ごめん避けとは、あなたの気持ちに応えられないという思いの表れですから、恋愛成就に向かわせるには少々難易度が高いことは事実です。
しかし、これを逆手にとって意識をあなたに向かわせることは可能なので諦めないでください。

その方法とは、

あなたの積極的なアプローチをやめること
です。これだったら簡単ですよね。

そのコツとしては「1週間程度、日常的にアプローチした後にタイミングを見計らってアプローチをストップすること」です。

そうすると、

「あれ?今日は話しかけてこないな」
「今日も話しかけてこないな。何でだろう」
という具合になり、最終的には相手を美化し始めます。

率直にいいますが、これはすべての人に効くという万能薬ではありません。
しかし、ごめん避けする相手にひたすら同じようなアプローチをしても良くないので変化球を投げる必要があるのです。

まさに「押しても駄目なら引いてみろ」がもっとも有効的なテクニックなのです。少なからず相手に変化は現れることでしょう。

著者:<元好き避けお悩み女子:まーちん>
好き避けってされる側もする側も思い悩んでいるんです。
そんな方々に向けて“元好き避け女子”として情報を発信していきます!

最近の記事

PAGE TOP